基礎知識

学資保険ってどんな保険?

学資保険はお子様の教育費用の積み立て、代表格の保険商品です。
定期預金やそのほか、お子さんの将来のために預貯金をされている方が多いのですが、中でも、主軸を学資保険と定めている方が多くなっています。

まず、教育資金を積み立てていく場合に、お子さんが何年後に中学へ行くようになり、何年後に高校を卒業し大学へ行くのか、こうしたことを書き出してみましょう。
その上で、この時期にこのくらいの費用が必要、この時期に最低このくらいは必要と計算していくとうまく目標となる貯蓄の組み立てができるでしょう。

学資保険は教育資金貯蓄の為の基礎となります。
保険料の支払いを継続していけば進学する際など教育資金が給付される、契約者が亡くなった場合や高度障害になった場合、保険料の負担なく満期保険金を受け取ることができる、それに学資保険の場合、長期固定の利率が適用されますので、いつ、いくら受け取れるかを把握できるというメリットがあります。

学資保険で子供がこの年齢になったらこの金額を受け取ることが出来る、だからそのサポートとして、定期預金をいくらずつしていこう、というように計画を練ることができるんです。
学資保険をベースに、お子さんの教育資金について、保護者が目標となる貯蓄スケジュールを立てていきましょう。

このページの先頭へ