基礎知識

学資保険を選ぶ前に知っておきたいこと

学資保険へ加入される前に、知っておいてほしいこと、まず、今保護者の皆さんが加入されている保険内容です。
生命保険の加入内容の中でお父さんの死亡保障がかなり大きく、十分な金額と考える場合、契約者をお母さんにする、という方がお得になります。
女性が契約者になる方が保険料も安く、なおかつ満期金や祝い金が同じという商品もありますのでチェックしてみましょう。

もしまとまった費用が用意できるのなら、年払いにする方がよりお安くなります。
またもっと余裕があるという事なら保険料総額の一括払いにすると、保険会社がその費用を預かりそこから差し引くというシステムになるので、保険料となる前の預けた資金に利息が付きます。
もし契約者が死亡となった場合などは保険料とされていない分が戻ります。

お子さんの学資保険は契約者の年齢、そしてお子さんの年齢が深くかかわります。
お子さんが0歳で加入、また保護者の方の年齢が若い方が保険料が安くなりますので加入は早めに考えておく方がいいでしょう。

さらに、祝い金が途中で出るというタイプの学資保険を利用される方もいますが、より利息を多く受け取りたいと考えるのなら、最終的な満期となるまで祝い金は受け取らないほうがいいです。
こうしたことを理解してから、学資保険の比較検討に入りましょう。


このページの先頭へ