基礎知識

学資保険はなぜ必要なの?

お子さんが生まれて早い段階でお子さんの為に考えるのが学資保険ですね。
みんなが入るっていうから私も入る・・・というママもいるかもしれません。
でも学資保険は必ずしも加入しなければならない保険ではありませんし、定期預金をしておけばいいじゃないかという方も多いです。
学資保険の必要性について、理解していきましょう。

まず、学費がどのくらいかかるか?ですが、お子さんが幼稚園から大学まですべて公立という場合の教育費用ですが、1000万円かかります。
幼稚園から高校までを公立、大学を私立という場合約1200万円です。
幼稚園から中学校まで公立、高校から私立という場合、1400万円です。
幼稚園小学校は公立、中学校から私立という場合1600万円、全部を私立で、という場合、2300万円かかります。

これは教育費のみの計算で、そのほか習い事や部活にかかる費用、大学で一人暮らしする場合の生活費などは含まれていません。
つまり、教育費そのものだけでも大学まで行けば、最低1000万円、最高2300万円かかる、という事になります。

学資保険でも足りないくらいです。
奨学金などを借入するとしても、教育費として利用できるお金があるという事はとても心強いことです。
一般的な教育を受けさせるというだけでもこれだけの費用が掛かるのですから、学資保険の必要性はとても高いと言えます。


このページの先頭へ