基礎知識

学資保険の必要性って?

学資保険に絶対加入しなくちゃだめだよねなんて思っている人もいます。
お子さんの将来の為に、やっぱり生まれてすぐから「生まれてすぐ加入したい保険」として、知名度が高いのが学資保険http://j-hewitt.org/nin.htmlです。
ただ強制的なものじゃないし、他の生命保険や医療保険と同じように、保険商品であり、貯蓄するための手段です。

教育資金、という事に特化せず考えれば、万が一保護者が亡くなった場合でも、生命保険に加入していればまとまった費用が給付されます。
ただ学資保険の場合、「教育資金」として必要な年代に給付されること、万が一の場合、それ以降の保険料支払いが必要なくなるなどのメリットが高い保険なんですね。

学資保険にも医療保障や育英年金についての保障などが付帯した商品が多くなり、これら保障型の場合、保障部分についての保険料があるため、貯蓄に回す分が少なくなることから、満期保険金額の返戻率が100%を割り込んでしまう事も出てきます。
すると、学資保険に限らず、他の貯金だって同じじゃないか?なんて思う方も出てくるのですよね。

同じじゃないですよ。
お子さんが本当に学費を必要とするとき、お父さんが亡くなってしまってもその後の保険料が免除されても契約通り保険金を受け取る事が出来るのですから。
定期貯金の場合、お亡くなりになったらそこでストップ、その先、誰かがお金を入れてくれない限りその金額には変わりがないのです。
この違い、大きいです。

このページの先頭へ