基礎知識

学資保険の貯蓄型・保証型ってどう違うの?

学資保険は将来かかるであろうお子さんの教育資金の為に加入します。
教育資金を積み立てることができる保険という事です。
貯蓄の為の保険ですが、学資保険は貯蓄型と保障型に分けることができ、この保険をどうとらえて活用していくかによってどの型にするか、考えていくことが必要です。

学資保険の貯蓄型は、貯蓄以外、そのほか保障がついていない保険です。
保障型は貯蓄にプラスしてお子様の医療保障や育英年金制度の利用を取り入れた保険となっています。
貯蓄型の場合、返戻率が110%以上のものが多く、満期となれば満期保険金と祝い金などがもらえるタイプです。

保障型の場合、医療保険や育英年金制度の利用のため、返戻率が低くなる保険商品が多く、貯蓄型と比較すると満期保険金や祝い金の額が低くなります。
もちろん、お子さんが怪我をされた場合や病気となった場合に、入院給付金が出るなどしっかり保障がありますが、通常、中学生年代までは自治体が医療費を負担する、また無料で医療を受けられるというところが多いので、この分が無駄になります。
保障も取り入れるか、それとも貯蓄部分を厚くするか、まずはここをポイントに加入を考えて、その型が決まったら、貯蓄型でもどこの商品を選ぶかを考えていくといいでしょう。

このページの先頭へ