基礎知識

学資保険に加入する際に注意するところ

保険内容をすべて把握しているという人は少なく、そのため見直しなどが必要となりますが、学資保険の場合、途中解約するとかなりもったいないため、通常見直しなどは行いません。
そのため、契約の際、加入の際には注意すべき点をしっかり考えて検討する必要があります。

まず、学資保険の内容についてですが、保護者の方の生命保険等加入されている保険の中で、重複する箇所がないかどうか、という点についてしっかり調べておく必要があります。
通常、貯蓄型学資保険の場合、保護者の方など契約者がお亡くなりになった場合に、それ以降の支払いを行わなくてもいいという保険となっていますが、お子さんの医療保障など付加されていません。
保障型の学資保険の場合、お子さんの入院や親御さんの入院について保障されるというプランが多いのですが、保護者の方の生命保険等にこうした契約がされている場合、余計な保険料が必要となりますので確認が必要です。

また育英年金付学資保険の場合、育英年金部分が所得税、住民税の対象となりますので、育英年金が本当に必要かどうか、加入の際にしっかり考えておくことが必要です。
満期額資金や祝い金についても通常、一時所得の対象となりますので申告が必要となる事を覚えておくことが必要ですし、あまり多すぎると税金が発生してしまう可能性がありますのでその点についても注意が必要です。

このページの先頭へ