基礎知識

学資保険は教育費の強い味方!

教育資金はその後家庭によっても違いがあります。
私立と公立でかかる教育費の額がかなり違いますのでそこをふまえて貯蓄していく必要があります。
例えば、公立の幼稚園に行く場合、3年間合計で平均73万円程度ですが、私立に行く場合、3年間合計で平均160万円以上かかります。
つまり、倍以上の金額が必要という事になります。

中学校から私立というお子さんも多いと思いますが、公立に3年間通った場合140万円くらいです。
でも私立に行くとなると倍以上、380万円くらいかかりますし、高校も同じようなものです。
中学、高校と私立に行くと合計700万円くらい。
これに加えて私立の大学に行く場合、文系理系で違いがありますが、私立大学文系でも400万円近くの教育費が必要となりますので、私立中学から大学までとなると1000万円以上の教育費用が掛かるという事になるのです。

これに加えて実家を出て大学へ通うとなれば生活費も必要となります。
教育費用はあればあるほど助かるという事がわかりますね。
学資保険は貯蓄性の強い保険です。
加入をしっかり考えていけば、資金が必要な際に、学資保険を有効に利用できるようになります。
未来の強い味方になる様に、将来お子さんの希望に沿った教育を受けさせることができるように、学資保険をしっかり考えていきたいものですね。


このページの先頭へ