基礎知識

学資保険のメリット・デメリット

学資保険は昔からお子さんが生まれると多くの方が加入されています。
ただ、現在は様々な生命保険や医療保険、また学資保険にも種類がありますので、学資保険についてのメリット・デメリットをしっかり把握しておく必要があります。

まずメリットですが、貯蓄性が高く利息があまり高くつかない現代の貯金を考えれば、魅力ある保険です。
満期までしっかり保険料を払い解約しないことで満期金と祝い金がもらえます。
また、保護者の方が死亡された場合でも、その後の保険料の支払いなしに、満期になれば満期金と祝い金が受け取れるという事も魅力の一つです。

お子さんが複数いる場合で、学資保険への加入をすれば兄弟割引などが適用されるので安く利用できるという事もありますし、お子さんが怪我や病気になった場合に利用できる医療保険保障も附帯することができる学資保険もでき、幅広い選択が可能となったという事がメリットです。
デメリットは、途中解約してしまうと戻りがかなり少なくなってしまうため、もったいないという事、またお子さんの万が一に備えて医療保険等を特約などで附帯することによって、満期金や祝い金の額が低くなってしまう事などがあげられます。
そのため、貯蓄を中心とするのか、貯蓄と日々の保障という事を考慮して加入するのか、よく理解して比較検討する必要があります。

このページの先頭へ