基礎知識

学資保険で無理なく教育資金を貯めよう

学資保険をする意味、これは大きな事です。
ほかの保険などとは違い、お子さんの将来の為の保険ですから、経済的に苦しいとなっても、学資保険だけは手を付けないという保護者の皆さんの意見をよく聞きます。
学資保険の保険料は未来への投資という捉え方をしている方もいます。

勿論、投資商品のように膨らんでいくというものではありませんが、お子さんが将来、希望する教育を受けていくことができるようにためておく資金です。
だから、未来への投資と考える保護者の皆さんも多いのです。

本当に教育資金が必要になった時、使えるお金がないというのは非常に苦しいものです。
お子さんに必要な教育資金が出せないとなれば、銀行などから融資を受けなくてはなりません。
銀行でローンを組めば、利息を払っていくことが必要となりますので、元金プラス支払いが多くなるという事です。

学資保険なら利息を払うという事もなく、祝い金をいただくことができます。
元金割れのない学資保険を選択しておけば、総額支払保険料プラス祝い金を受け取ることができるのですから、借金をするよりもずっといいでしょう。
お子さんが進学の際に後悔する事のないように、学資保険へ加入し、無理のない範囲で貯蓄を継続していくことは、とても重要なことです。


このページの先頭へ