基礎知識

学資保険ってなに?

お子さんが生まれると特におばあちゃん世代は、学資保険へ加入しなさいと言いますね。
おばあちゃん世代は郵便局の学資保険くらいがお子さんの貯蓄型保険だったので、今のように数多くの保険商品がある時代とは全く考え方が違います。
今は多くの保険がありますので比較検討する必要がありますが、その前に、学資保険というのはなにか?そのことを理解しておくことが必要です。

簡単に言ってしまえば、教育資金を積みたてる要素と生命保険が合体しているのが学資保険です。
現在はこども保険というものがありますが、この場合、教育資金に特化しているという保険商品ではなく、お子さんに将来的にかかる費用全般について利用するものです。
教育資金、また結婚資金等への利用ですね。
またこども保険の場合、入院などになった場合の保障が厚いというのが特徴です。

学資保険の場合、生命保険死亡給付部分と教育資金の貯蓄性をともなった特殊な保険と考えておくといいでしょう。
満期となれば学資保険金がおり、プラスお祝い金が給付されます。
保護者が万が一亡くなった場合、それ以降の保険料支払いが免除となります。
お子さんが成長し教育受けていくための生涯となる部分をサポートするのが学資保険ということですね。

このページの先頭へ