基礎知識

知っておきたい!学資保険の基礎知識

多くの方が加入される学資保険、お子さんの教育資金はどんどん大きくなっていく一方で、将来をしっかり見据えた貯蓄が必要となります。
この先、お子さんが希望する教育を受けることができるように、学資保険の基礎知識をしっかり養い、より良い加入を考えていきましょう。

学資保険はお父さん、お母さんなど保護者の方が契約者となり、お子さんが被保険者となります。
いつでも解約できるという保険ではありません。
ただお子さんの年齢に合わせ、進学時などに祝い金をもらってもよし、そのまま利用せず大学進学など大きく費用が掛かる際にまとめて利用するもよし、ご家庭の家庭状況に合わせて利用ができます。

契約者に万が一なにかありお亡くなりになった、高度障害になってしまったという場合、それ以降の保険料払込はなし、また満期になれば通常通り満期保険金と祝い金が給付されます。
育英年金制度を付加した学資保険の場合、契約者の死亡により満期になるまで毎年、育英年金をもらえる契約にすることもできます。

お子さんが万が一、死亡された場合、保険会社指定の死亡給付金を受け取ることができます。
育英年金を利用する、また貯蓄に加えてお子さんの医療保障を漬ける場合など、返戻率が100%をきってしまう、つまり、払込保険料よりも満期保険金が少なくなってしまう事もあるので注意が必要です。


このページの先頭へ