基礎知識

学資保険で教育費対策を!

保護者の方にとってはぞっとする費用となりますが、お子さんの教育費用、現代の日本ではかなりの額となります。
お子さんが小さい頃が決め手となる、といわれるほど、学資保険や貯蓄できていればできているほど、安心の教育費です。

お子さんが幼稚園から大学全てにおいて公立に通学した場合でどのくらいの教育費用が掛かると思いますか?実は、1000万円ほどの金額がかかるのです。
すべて公立の場合、ですよ。
もし中学から大学まで私立という事になるとその倍、2000万円もの費用がお子さんの教育費だけに消えていきます。

ただ教育費ばかりではありませんね。
学校の施設費用やPTA費用、修学旅行などのイベント費用、部活を行っていれば合宿遠征、試合・・・教育費以外にこれでもか!!というくらいの費用が掛かるのです。
大学に実家から通えるという場合はまだいい方で、遠隔地に行く場合、そこでの生活費も必要となります。
アルバイトをしてもらって生活費を稼いでもらうとしても、家賃、光熱費、携帯費用などもろもろ、お子さんの食費や趣向品を抜いても、10万円くらいはかかるんです。

この費用をこの年代になってから捻出するのはとてもじゃないですが無理です。
お子さんが小さいうちに学資保険での貯蓄、またお子さんの為に学資保険以外の貯蓄など、計画的に考えておく必要があります。

このページの先頭へ