基礎知識

大切な子どもの夢を叶えるための「学資保険」

まだ日本がバブル以前、大学へ行くということが今のように当たり前ではなく、お金がかかり行きたくても行けない人がいた時代もありました。
そういった方々のために、社会人となったら返済することを前提に、奨学金制度というものができました。
バブルが終わり、その後極端な不況となった日本では、お子さんを大学に活かせる費用がなく、進学希望があっても諦める、また私立に行きたくても諦めて公立へ行く、というお子さんが多くなりました。

現代は約半数近くが大学や専門学校に行く時代に突入しています。
高校から働くという事がお子さんの希望であるならばいいのですが、親としてはもし進学の意思があるのなら、進学させてあげたいと考えます。
子供の希望、夢をかなえるために、やはり将来を見据えた貯蓄がとても重要になるのです。

どうせ著しくするのなら、お子さんが教育資金を必要とした時、まとまって利用できるようにしておきたい、こういう気持ちがあるからこそ、学資保険が存在し、教育資金貯蓄の大きなサポートとなるのです。

いつかお子さんが自分の未来を夢見て第一歩を踏み出す時、その背中を笑顔で送り出せる学資保険等での貯蓄力を持っておきたいものです。
学資保険はそのためにも必要な保険商品なんです。

このページの先頭へ