基礎知識

学資保険の善し悪しを見極めるポイント

学資保険も種類が多くなり、その保険商品によっては学資保険じゃなくてもよかったんじゃないの?という保険商品もあります。
そのため比較検討が必要なんですが、良し悪しを見極めるために知っておきたいポイントがあります。

まず返戻率です。
保険料を支払い満期となった際に受け取ることができる金額の割合が返戻率ですが、100%を切らない学資保険を選ぶこと、これが第一のポイントです。
返戻率が高ければ高いほど貯蓄性がある学資保険という事になります。
今、100%を大幅に超える学資保険は少なくなっていますが、返戻率については契約の仕方によって違いが出ますのでよく検討する事が必要です。

悪い学資保険の返戻率が100%を割ってしまう場合、商品によってはいいものといえない場合もありま。
返戻率が100%を割ってしまうものでも、例えば育英年金や医療保障が付加された学資保険の場合で、そうした保障が学資保険の内容としてほしいと考える人には、利便性の高いものです。

学資保険もその内容によって、また契約者が求める内容によって良し悪しが決まってきます。
貯蓄という事を中心にこれを考える方が内容をみずに保障型の学資保険にはいればあまりいい保険とは感じないでしょう。
返戻率は保障内容などをしっかり確認し、自分にとっての良し悪しを把握する事が加入のポイントになります。


このページの先頭へ